びまん性脱毛症による加齢やホルモンバランスが原因?

びまん性脱毛症による加齢やホルモンバランスが原因?

びまん性脱毛症

女性に多い脱毛症の代表として、びまん性脱毛症があります。

 

びまん性脱毛症とは、男性の脱毛症である男性型脱毛症とは異なり、髪の毛全体が薄くなっていくという症状が特徴の脱毛症です。

 

このびまん性脱毛症を改善していくにはどうすれば良いのでしょうか?

 

改善方法を知る前に、先ずはびまん性脱毛症の原因を知っておくことが大切ですので、代表的な原因を幾つかあげてみましょう。

 

びまん性脱毛症の原因として、最も代表的なものとしては加齢があります。

 

女性の薄毛はおよそ50歳程度を越えたあたりから増加する傾向にあり、加齢による薄毛の原因は、髪の毛の元になる毛母細胞や毛乳頭が老化してしまうことによって起こってしまいます。

 

加齢に因を発する薄毛の場合は、60歳以上になると男女ともに見られるものですし、女性の場合は更年期障害がきっかけとなって起こることもあります。

 

更年期障害になることで、女性ホルモンのバランスが崩してしまうことから抜け毛が増えていくといったケースですね。

びまん性脱毛症による加齢やホルモンバランスが原因?記事一覧

▲びまん性脱毛症による加齢やホルモンバランスが原因? 上へ戻る
びまん性脱毛症による加齢やホルモンバランスが原因? page top