びまん性脱毛症の原因でもピルなど関係ある?

びまん性脱毛症の原因でもピルなど関係ある?

びまん性脱毛症の原因

この更年期障害とも関係があるのが男性型脱毛症であるAGAの発症です。

 

ホルモンバランスが崩れてしまって、男性ホルモンが優位になってしまうことによって発症するとも言われており、人によっては30代くらいから抜け毛の症状を発症してしまうとされています。

 

近年では生活習慣や食生活の乱れなどのから、ホルモンバランスを崩してしまって、この男性型脱毛症を発症してしまう女性が増えているそうです。

 

最後の原因としては、ピルの服用があります。

 

ピルと言えば、経口避妊薬の1つですが、ピルを服用することによって一時的に副作用として脱毛が進んでしまうことがあるので、注意しておきたいですね。

 

このように様々な原因があるのですが、加齢以外の原因については自助努力を行うことによって改善できることがあります。脱毛症が起こっている時には、原因をはっきりとさせるために1度は皮膚科や専門のクリニックなどで診察を受けてみると良いですね。

 

ホルモンバランスに関しては婦人科の診察を受けるようにして下さい。

 

また、近年では女性用の育毛剤も発売されているので、女性用の育毛剤を使ってみることもお勧めです。

page top